カレコはいまなら入会金&月額基本料0円キャンペーン中!!(6月末まで!)

東京人ならカーシェアリング

急速に広がりつつあるカーシェアリング。スイスなどヨーロッパではかなりメジャーだそうです。 東京在住の方なら「最近、コンビニやタイムズでよく見かけるなあ」 とお思いではないでしょうか。
それもそのはず、カーシェアリング普及プランとしてまず東京を重点的に拠点作りをしているところなんです。

カーシェアリングのお得な点

30分単位の課金で1時間1100円などと意外と高いようにも思えるカーシェアリングの値段ですが、 よく考えてみると、マイカーに比べて半端なく安いことがわかります。
昔から「マイカーをなくしてすべての移動をタクシーにしても、マイカーよりは安く済む」 といわれます。ほとんどの人にこれは当てはまります。
カーシェアリングにすればさらに飛躍的に安くなります。
たとえば都内で駐車場に月2万円払っているひとなら、その値段で十分おつりが来るでしょう。
マイカーには駐車場代ばかりでなく、ガソリン代、保険、車検、パーツ代、維持費、などがどんどんかかります。
車検が近づくたび、憂鬱になるのはわたしだけではないでしょう。
カーシェアリングなら維持費はゼロ!
どんなに精神的に楽か想像できますよね。

ガソリンを入れなくてもいいこともうれしいポイント!
ガソリン代は時間料金に含まれています。
レンタカーのように満タンにして返す必要はありません。

カーシェアリングの気になるポイント

基本的には善意で次のドライバーへ受け渡すカーシェアリング。 人間としての思いやりは必要になります。
タバコやペット、ゴミを残して帰るなどは気をつけたいところ。
チャイルドシートは車にはついていません。
家から駐車場が近いひとは自分のものを持ってくる方が多いそうです。
遠い人や荷物が多い方にはつらいところです。

延滞料金・キャンセル料金がかかることも。
連絡せずに時間が延びてしまったり、6時間前を過ぎてからキャンセルすると 余計なお金を払うことになります。
都内は渋滞も多いですから。
気をつけていればほとんどは大丈夫だと思いますが、 精神的にちょっとストレスがあるかもしれませんね。

雨が降ったときに傘をさして車まで歩くのもマイカーに比べるとつらいところです。

セカンドカーとしてのカーシェアリング

奥様のセカンドカーとしてもとても便利。
保育園の送り迎え、病院の送り迎え、郊外のショッピングセンターやホームセンターへのお買い物、 休日のお出かけなど。
車種もコンパクトカー、エコカーが主流で小回りがききます。

ただし、一泊旅行などは従来通りレンタカーのほうが安くなることが多いようです。

まずは近くにステーションがあるかどうか調べましょう

ステーションはまだまだ増えていきますが、とにかく自宅から、あるいは職場から歩いてすぐのところにステーションがなければ始まりません。
それぞれの運営会社のステーションを見てみましょう。
カレコなら入会金&月額基本料0円キャンペーン中!

マツダレンタカーはタイムズが拠点
月額基本料0円キャンペーン実施中!!


マイカーをやめて気軽な生活に賢くシフトしよう〜!

東京人ならカーシェアリング。年60万円も家計がオトク!?:トピックス

車を所有すると車の代金のほかに、駐車場代ガソリン代、自動車保険、車検、税金などいろいろな費用が発生します。ならばカーシェアリングを提案します。

カーシェアリング概要

車を所有すると車の代金のほかに、駐車場代ガソリン代、自動車保険、車検、税金などいろいろな費用が発生します。ならばカーシェアリングを提案します。
記事一覧